上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近,気持ちに余裕がないなって思っていました。
もともと余裕ないんだけど(笑),
何て言うのかな,排他的になってるっていうのかな?
キャパが小さくなってる感じ。

そんな自分がたまらなく嫌で,
アタマではわかっているのに変えられない・・・。
自分の思考に新しい空気を入れたくて本屋に行きました。

で,店頭で出会ったのがこの本。

今日もていねいに。今日もていねいに。
(2008/12/11)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る


ぱらぱらとページをめくり,つまみ読み。
ほ~,うんうん・・・。
面白そう。買ってじっくり読んでみようかな?・・・。
で,どんな人が書いてるんだろう?

後ろの著者紹介の文を見てビックリ。
えっ。1965年生まれ!?
私がつまみ読みの内容から想像していた年齢より20歳若かった!!
買おう。
この印象のギャップが楽しくて,買うことに決めました。

「今日もていねいに。」このタイトルがそうだけれど
私がここ数年目標にしている「ていねいに暮らす」が
本の中心に据えられています。
それだけで,自分に入ってきやすいのだけれど,
本のところどころに自分が日々の中で大切に思っていたり,
経験から学んだなと思っていた小さなことが
改めて文章となって現れたりして,
心地よく読めました。

そして本に流れている著者の潔さっていうかが,とてもカッコよいのです。
目標にしながらもつい忘れていた「ていねいに暮らす」ことを
思い出させてくれましたし,
ていねいに暮らすには,余分なモノは削ぎ落とさなくてはいけなことも
よくわかりました。

共有できる想いを感じながら,あっという間に読んだのだけど
著者と私の決定的な違いは
多分,ヒトに対する愛情なのだと思いました。
もうこの著者の持つ愛情ボックス,
全然,桁違いに奥行きがある感じなんです。

世の中の大勢の人の中で自分と関わるのはほんのわずか。
関わるからには,関わった人として責任を持つ。
投げ出さない,面倒くさがらない。
これは,ヒトに対してだけでなくモノやコトに対しても同じ。

これは,腹をくくるしかないんですよね。きっと。

これが出来たとき,
薄っぺらな自分じゃなく,少し厚みのある自分になれるのかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


****

イベントのお知らせ<1>
5月9日・10日,カフェ・ウルーさん にて。
ロハスに出展できなかった作品たちの販売を
mikiさんとoliveの皆さんが企画してくださいました。
ご配慮に心よりお礼申し上げます。
お近くの方は是非どうぞ。
皆さんの作品はコチラ → olive ichiba 


イベントのお知らせ<2>
7月25日・26日 第2回素敵雑貨マーケット
26日の方に参加予定です。





Secret

TrackBackURL
→http://handmade70.blog47.fc2.com/tb.php/105-cf29d657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。